挨拶

尾川院長 挨拶

はじめまして、 院長の尾川貴規です。
2011年5月
「患者さんに家族同様の治療を」
また
「患者さんにとって最後の歯科医院になる」

という理念を掲げ開院しました。

旧居留地歯科に来院された子供から大人までの患者さん一人一人に対して、私をはじめスタッフ全員が歯の痛みや悩みについて理解し、寄り添い、治療を通して治癒(=治して癒す)へと導きたいと思います。

理念

1、「患者さんに家族同様の治療を」

“歯科医師の考える治療=理想の治療”という枠にあてはめず、

カウンセリングで患者さん自身の希望や考えを十分に考慮し治療計画をたて、納得されてから、安全で丁寧な治療を心がけます。

なお、カウンセリングにはお口の状態をレントゲンやCT画像、マイクロスコープやカメラでの撮影画像を用いて「視覚化」し理解して頂けるように工夫しています。

2、「患者さんにとって最後の歯科医院になる」

1本でも治療をした患者さんとは、ずっとお付き合いしていくつもりで臨んでいます。

治療終了後がメンテナンスの始まり、生涯全身の健康のために通ってもらえる環境づくりをおこない、機能と審美の維持に努めていけるようサポートします。

この2つの理念を掲げ、実行するために

治療技術の向上と患者さんの満足度の向上を医院全体の命題として

研鑽を重ねていきたいと考えています。

経歴

私は生まれも育ちも神戸市中央区の「神戸っ子」、名古屋での大学生活を終え、卒業後は神戸市、大阪市での勤務医時代を経て開業に至りました。

そんな私には歯科医になってから大きく影響を受けた二人の師匠がいます。

一人目は、カミムラ歯科医院の上村恭弘先生です。

全国的に咬合(咬み合わせ)で有名な先生で、私が高校生の頃から診て頂いていた間柄です。

身内に歯科医のいない私にとって、「歯科医としてのあり方」を温かみのある厳しさをもって教えていただきました。

なかでも、勤務初日に院長室に呼ばれて言われた言葉が、

「尾川先生、“目配り、気配り、心配り”この言葉を一生忘れるなよ」でした。

その時は、言葉の意味の深さをよく理解していませんでしたが、歯科医としての経験を積み重ねるごと、また院長として過ごす日々が増えていくにつれ言葉の重みを感じずにはいられません。

そんな私にとって「歯科医としての生みの親」である上村先生は、その後他界することになりましたが、伝統あるカミムラ歯科医院の最後の勤務医として教えて頂いた事はカラダのなかに染み込んでいます。

その後、

ご縁を頂きカミムラ歯科医院のOBである大阪市にあるカガミ歯科医院の加々美恵一先生に師事しました。そうです、二人目は加々美先生です。

上村先生のDNAを色濃く受け継いでおられた加々美先生に咬合から臨床全般を学ばせて頂きました。私の「歯科医としての育ての親」と言っても過言ではありません。

「歯科も時代と共に変化するので一生学び続けなさい」と教えて頂いたことが現在の私を作っているように思います。当時普及率5%程度のマイクロスコープに出会ったことや臨床に活かしていく先端医療との関わり方なども大きな財産になっています。

2011年5月、地元である神戸・旧居留地エリアに旧居留地歯科を開院しました。

想い

旧居留地歯科では、

患者さんにお口の現状を理解して頂いてから丁寧な治療を心掛けていますので、

お一人の診療時間は基本的に60分となります。

ただし、お急ぎの患者さんには30分〜の予約時間を設けております。

また、初診で来られる患者さんには大きく分けて2つの“治療の流れ”ですすめてまいります。

緊急な痛みのない場合

  • 検診をおこない、お口の中の現状を説明します。
  • 治療部位と治療方法を話し合います。
  • 治療開始
  • 治療終了後のメンテナンス

緊急な痛みのある場合

  • 痛みの原因を診断し、応急処置をおこないます。
  • 痛みが落ち着いたのを確認し、検診をおこない現状を説明します。
  • 治療部位と治療方法を話し合います。
  • 治療開始
  • 治療終了後のメンテナンス

また、

2つの理念を掲げ、実行するために

治療技術の向上と患者さんの満足度の向上を医院全体の命題として

研鑽を重ねていきたいと思います。

院長紹介


尾川貴規(おがわ たかのり)

出身地:神戸市

兵庫県立神戸高校卒業

愛知学院大学歯学部卒業

カミムラ歯科医院勤務(神戸市)

カガミ歯科医院勤務(大阪市)

2011年5月 旧居留地歯科開院

認定医:日本顎咬合学会 咬みあわせ認定医
認定医:日本顕微鏡歯科学会 認定医

主な学会発表

日本顎咬合学会学術大会 一般口演発表

2005年6月 静脈採血

2006年6月 MI時代における意図的再植の有効性

2007年6月 歯科用顕微鏡を用いた補綴治療

2008年6月 マイクロスコープとAV機器を併用したシステム構成

2009年6月 審美を考慮したコンポジットレジン修復

2010年6月「審美を考慮したレジン修復~マイクロスコープを用いて~」

主な受講研修

ストローマンインプラントコース、マイクロサージェリーコース、SJCDベーシックコース、筒井塾歯周外科コース、咬合療法コース、明石矯正研修会コース、ノーベルバイオケアインプラントコース、JHエンドシステムコース、GCマイクロスコープコース、ソムノデントセミナー(睡眠時無呼吸症候群)etc・・

スタッフ

『患者さまのお口に触れるスタッフは院長ならびに国家資格を有する歯科衛生士のみになります。
どうぞご安心ください。』

旧居留地歯科の歯科医師は日本顕微鏡歯科学会の認定医です。

「当院の歯科衛生士は、日本顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士です。」
スタッフブログ→日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士

院内案内

落ち着いた雰囲気の院内はバリアフリー

エレベータ隣が、当院の入口です。
どなたでもストレスなく来院していただけるようにクリニック内はバリアフリーです。

エントランス
エントランス・スローブ

受付・待合室 〜天井高のある開放的なスペース〜

ゆったりと寛いでいただけるように天井高のある開放的なスペースにしました。

ガラス越しに旧居留地の街をご覧ください、冬にはルミナリエがお待ちしてることでしょう。

外を見ながらゆっくりと歩いてカウンセリングルーム、診療室へ、受付がご案内いたします。

トイレは車いすの方でも十分なスペースを確保しました。

受付・待合室
旧居留地街を見ながら診察室へ・廊下
車椅子も十分に入れるスペースのトイレ

歯の悩みを聞かせてください〜カウンセリングルーム〜

診療室に入る前に患者さまが安心して治療を受けていただけるよう、しっかりカウンセリングいたします。

お気軽に歯の悩み、疑問などお聞かせ下さい。

カウンセリングルーム

ベビーカーごと入れる診察室

マイクロスコープ+大画面ディスプレイを用いて「今まで見えていなかったものを見えるように」

また少しでもリラックスしていただけるようにお好みの音楽を聴きながら大きなチェアーでゆったり治療を受けていただけます。

さらにベビーカーごと入れるような広々とした診察スペースを確保しておりますので、お子様連れのお母さんも安心です。

マイクロスコープを詳しく見る

マイクロスコープ
特診室
診察室

患者さまに負担をかけず、より鮮明で高精細な画像品質なCT

従来の歯科用レントゲン撮影(二次元)に比べて、CT撮影(三次元)をおこなうと今まで見えていなかったものを映し出すことが可能になります。
つまり、
歯、歯根、歯の周囲骨、顎の関節などの状態を鮮明に確認することができます。
その恩恵を生かして、
「より精密な診査、診断をおこない、最適な治療方法を選択できる」ことになります。
参考サイト→朝日レントゲン

CTスキャン
CTスキャン画像

アクセス・診療時間

cal
※ 平日:9:30〜13:00/14:30〜19:00  ※ 土曜日:9:30〜13:00/14:00〜17:30
※ 日曜日:10:00〜13:00/14:00〜17:00
※ 日曜日は診療日カレンダーをご確認ください。


住所
〒650-0037
神戸市中央区明石町31-1 TESTA神戸旧居留地3F
3F Testa Kobe Kyukyoryuchi 31-1 Akashicho Chuo-ku Kobe 650-0037 Japan
電車でお越しの場合
各線三宮駅より徒歩10分 / 各線元町駅より徒歩6分
地下鉄旧居留地・大丸前駅(1番出口)より徒歩3分
お車でお越しの場合
3号神戸線京橋ICより約5分 / 近隣に駐車場、コインパーキング有り

info

神戸大丸裏、1FがBEAMS HOUSEのビル3F
歯のライトが目印です。


TEL:078-325-0222